トップ >  事業案内 >  業務内容 >  橋梁事業部

橋梁事業部

橋梁事業部イメージ

業務の概要

橋梁事業部は、鋼橋の新設橋を中心とした設計業務を遂行していく部署で、主に以下のような構造物を対象としています。
・道路橋(桁橋、アーチ、トラス、吊橋、斜張橋等)
・歩道橋(駅前ペデストリアンデッキ等も含む)
しかし、新設橋の業務は今後確実に減少傾向にあり、その中で生き残るため、お客様に喜ばれるようなサービス(付加価値の提供)を行っていく必要があります。具体的には、打合せ資料の作成、検討フローの整理から検討案の抽出、問題が生じた際の対応策の提案等です。
また、自動設計以外の橋梁や、建築も含めた鋼構造物全般の設計等、新規分野への積極的な展開を並行して進めていきたいと考えております。

業務の流れ

業務の流れ

テクノブリッジNKEの橋梁設計

・お客様の求められていることは、その先の発注者様の要求ということにもなりますが、
 それを瞬時に把握して要求に応えられるように心掛けております。
・経験豊富な技術者を多く揃えているため、突発的な要求や短い納期にもフレキシブルに対応できます。
・自動設計プログラムで対応できる橋梁(桁橋)は、これまで数多く経験しており、十分な蓄積があります。
 そのため、コストを抑えて満足な成果品を提供することが可能です。

優れた橋梁設計とは

①100年先を見据えて設計されていること
②構造が合理的でかつ経済的で、維持管理に配慮されつつ、美観も優れていること
③構造の細部にまで道路管理者や利用者への配慮がなされていること